アイテックインターナショナル(株)FC加盟店のブログ。商品や加盟店制度について詳しくご紹介しています。

FC加盟店って、何?

記事のタイトルとURLをコピー
LINEで送る

スポンサーリンク

マトリックスエキスを販売しているアイテックインターナショナルは、FC加盟店制度でビジネスを展開しています。

 

仕事はしていたものの雇われの身だったので、ビジネスとは無縁だった私。

 

恥ずかしながら「FC加盟店って、何?」「エフシー??」 と、頭の中がハテナだらけの状態でした。

 

ということで、すぐに検索!

 

Google先生に教えていただきました。

 

FC=franchise フランチャイズのことです。

フランチャイズとは、事業者(「フランチャイザー」と呼ぶ)が、他の事業者(「フランチャイジー」と呼ぶ)との間に契約を結び、自己の商標、サービス、マーク、トレード・ネームその他の営業の象徴となる標識、および経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう。

ところで、フランチャイズとは本来「人や会社などに特権(一手販売権)を与える」という意味を持ち、契約に基づきフランチャイザー(本部事業者)がフランチャイジー(加盟者)に特権を与え「共同事業」を行うものである。

ただし、フランチャイザーとフランチャイジーは、法律的にも財務的にもそれぞれ独立した経営体として「共同事業」を行うのであって、「共同経営」ではないことを認識しておく必要がある。

また、フランチャイザーとフランチャイジーは上下関係にあるのではなく、あくまで契約を結んだビジネスパートナーの関係で対等である。店舗を経営するフランチャイジーの能力と努力次第で業績が左右されることも理解しておく必要がある。

なお、フランチャイザーとフランチャイジーの間のフランチャイズ契約は、商取引による「契約」であり、消費者契約ではない。

従って、経営の成功・失敗の責任は個々にあり、当然のことながらフランチャイザーの経営はフランチャイザーの経営者が負い、フランチャイジーの経営はフランチャイジーの経営者が負うという「自己責任」意識が重要である。

一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会より引用

 つまり、自分におきかえてみると、私はアイテックインターナショナルと契約を結ぶことで、「アイテックインターナショナル」という会社名や、会社が提供する情報・パンフレット等を活用し、ITECが販売する「マトリックスエキス」などの商品を販売する権利をもらえる、ITECのサービスやノウハウを使わせてもらい個人でもビジネスができる、ということになるわけです。


そして、会社の名前や、多額のお金をかけて開発された商品・ノウハウ・販売システム等を使わせてもらうお礼として、私はアイテックに一定のお金を支払う(=加盟金・ロイヤリティ)という契約なのですね。

 

一般的にはそのような契約になるのですが、実はITECインターナショナルのFC加盟店には会社に支払う加盟金はありません。

 

それどころか、ある一定の条件を満たせば「ロイヤリティ」として報酬をもらう側になることができます。

 

初期費用と毎月一定額の仕入れが必要ですが、これらは商品購入という形なので支払った金額はすべて自分に返ってきます。

 

初期費用に関しては、複数の支払い方法から選ぶことができます。

 

具体的な金額や詳細を知りたい方は、こちらからお問い合わせください。

 

スポンサーリンク



LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

マトリックスエキス・その他関連商品のご購入はこちら↓↓

スマホ用QRコードはこちら

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

Translate »