2019年5月よりアイテックインターナショナル(株)FC加盟店として活動中。商品や加盟店制度について詳しくご紹介しています。

マトリックスコンディショナーとトリートメントのダブル使いがおすすめ!

記事のタイトルとURLをコピー
LINEで送る

DDSマトリックスヘアケアシリーズを愛用中の私ですが、カラーを繰り返すうちに毛先のパサつきや絡まり、広がりが気になってきました。

 

ダメージが少ないオーガニックカラーを選んでいましたが、美容院では「それでも全くダメージがないわけではないので、やはりしっかりケアしたほうがだいぶ違いますよ。」とアドバイスいただきました。

 

早速、美容師さんおすすめのトリートメントを購入し、頭皮にはマトリックスコンディショナーを、毛先にはトリートメントをつけるようにしたところ、質感・ツヤ・まとまりに嬉しい変化を感じています。

 

同時に、今までかなり適当だったシャンプーの仕方やトリートメントのつけ方、アウトバストリートメントのつけ方、髪の乾かし方などを研究し、ヘアケアの工程を見直し中です。

 

ネットで検索したりYouTubeを見たりしていますが、とにかく色々な情報があるので、良さそうなものを試してみて自分に合った方法を見つけられれば・・・と思っています。

 

一つ言えることは、今までのケア方法がかなり雑だった・・・ということです。

 

正直、スキンケア最優先でヘアケアは二の次だったので、髪の痛みが加速してしまうようなやり方だったな、と反省しました。

 

今、実践中のヘアケア方法をご紹介します。

 

①予洗い(水素シャワーヘッドを頭皮に当て、髪の流れに沿って上から下へ流すイメージ)

予洗いだけでかなり汚れが落ちるそうで、シャンプーのなじみや泡立ちが良くなるそうです。

 

②マトリックスシャンプーでサッと洗います(1回目)。

シャンプー=頭皮を洗うこと、だそうです。

あわわ」でしっかり泡立てた後に泡を頭皮に乗せ、下から上にマッサージするように洗います。

毛の流れに逆らって洗うことで、泡が頭皮にしっかり付くそうです。

髪の毛は泡を馴染ませるだけにして、お湯で流します。

 

③マトリックスシャンプーで丁寧に洗います(2度洗い)。

②と同じやり方で、しっかり頭皮を洗います。

この時、髪の毛をゴシゴシすると痛みやすくなるので、毛先にはほとんど触りません。

最後に泡を馴染ませるだけにします。

すすぎはしっかり。

 

④頭皮にマトリックスコンディショナーをつけてマッサージ。

こちらも下から上に向かってつけていきます。

 

⑤手についたマトリックスコンディショナーをシャワーで洗い流し、ダメージヘア用トリートメントを毛先につけます。

手に残ったトリートメントは髪全体に広げます。

5分ほどおいたらしっかり流します。

 

⑥お風呂から出たらタオルで優しく頭皮を押さえます。

毛先はこすらず、タオルで挟んで手にギュッと力を入れて水分を取ります。

タオルドライの時もバサバサゴシゴシすると痛みの原因になるそうです。

 

⑦アウトバストリートメントを適量手に取り、手のひら全体に馴染ませるようにしてから髪につけます。

毛先→髪全体の順につけてからコームでとかします。

とかすことで、キューティクルが整うそうです。

 

⑧根元からドライヤーで乾かします。

強温風で根元を乾かし、8割ほど乾いたら(髪を触った時に「まだ少し濡れているかな〜」と感じる程度)弱温風に変え、髪の流れに沿って上から下に風を当てます。

最後に冷風を当てるとツヤが出るそうです。

 

この方法でケアをするようになり、結果、「全然違う〜!!」と感じています。

 

「髪は女の命」という言葉があるように、髪の毛がキレイだと私もそれだけでテンションが上がります。

 

「まとまりがあって、ツヤツヤサラサラの髪」をキープできるように、また色々と試していきたいです。

 

マトリックスコンディショナーをお使いの方でカラー・パーマをされている方やダメージが気になる方、髪の毛が長い方は、毛先にお好きなトリートメントをつけるのがオススメです。

 

マトリックスコンディショナーはスカルプケア(頭皮ケア)用の商品ですので、髪の毛自体のダメージケアとなると少し弱いのかな、と実際に使ってみて感じています。

 

マトリックスコンディショナーとダメージケアトリートメントのダブル使い、ぜひお試しください。

 



LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

関連記事

マトリックスエキス・その他関連商品のご購入はこちら↓↓

スマホ用QRコードはこちら

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Translate »