アイテックインターナショナル(株)FC加盟店のブログ。商品や加盟店制度について詳しくご紹介しています。

マトリックスエキス 配合成分の解説①

記事のタイトルとURLをコピー
LINEで送る

スポンサーリンク

「時計の針を巻き戻す」をテーマに作られたDDSマトリックスエキス。

 

再生医療の技術開発から生まれた間葉系幹細胞培養上清海洋深層水の他にも、様々な有効成分が配合されています。

 

その中に、GF(Growth Factor)=グロースファクターと呼ばれる整肌成分が含まれています。

成長因子(=グロスファクター)とは?

動物の体内において、特定の細胞の分化を促すタンパク質の総称です。

別名「増殖因子」、「細胞増殖因子」などとも呼ばれています。

そもそも、細胞や皮膚、骨、筋肉などヒトの体すべては「ヒト成長ホルモン」というホルモンによって成長しています。

ヒト成長ホルモンは、脳の脳下垂体前葉でつくられていて、生きて行く上で必要不可欠なもの。

でも成長に関係しているというだけに、思春期をピークに20代後半から急激に分泌が減少してしまうんです。

これによってさまざまな老化現象が起こるといわれているので、ヒト成長ホルモンを活性化することが、健康面でも美容面でも重要になってきます。

そしてそのヒト成長ホルモンを活性化する物質こそが、成長因子なんです。

体の細胞の種類によって成長因子の働きは異なり、肌を若々しく保つ成長因子があることもわかってきました。

VOCEより引用

マトリックスエキスに配合されているGFは、以下の5種類です。

 

①EGF(Epidermal Growth Factor)=エピダーマルグロースファクター

成分表示名:ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1

「上皮成長因子」「上皮細胞増殖因子」などと呼ばれています。

人間がもともと持っているタンパク質で、お肌を整える役割を担っている成分です。

お肌のターンオーバー周期を整え、お肌の表面(角質層)のキメを整えます。

 

②KGF(Keratinocyte Growth Factor)=ケラチノサイトグロースファクター

成分表示名:ヒト遺伝子組換ポリペプチド-3

「角化細胞成長因子」などと呼ばれ、加齢とともに乱れがちな、お肌の新陳代謝をコントロールします。

また、新しい皮膚の生成を促すことで皮膚の水分や油分を補い、お肌を健やかに保ちます。

 

③FGF(Fibroblast Growth Factor)=ファイブロブラストグロースファクター

成分表示名:ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

「線維芽細胞成長因子」と呼ばれる、真皮の中にある成長因子です。

お肌のハリや弾力が失われる原因は、加齢とともにコラーゲン産生の働きが弱まってくるからだと言われています。

FGFは、コラーゲンやエラスチンの生成を補助することで、お肌に弾力とツヤを与えます。


④IGF(Insulin-like Growth Factor)=インスリンライクグロースファクター

成分表示名:ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-2

「インスリン様(よう)成長因子」と呼ばれ、細胞分裂や細胞の再生・成長を促進します。

EGF・FGFと一緒に配合することで、お肌のターンオーバーによってできる老廃物の排出を促し、EGF・FGFの働きを高めます。

 

⑤TGF(Transforming Growth Factor)=トランスフォーミンググロースファクター

成分表示名:ヒト遺伝子組換ポリペプチド-19

「形質転換成長因子」と呼ばれ、お肌のヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促します。

お肌にうるおいを与え、皮膚の乾燥を防ぐと同時に、肌荒れを防いで保護する役割があります。

 

GFに関する研究は、医療現場から始まりました。

 

現在では病気や怪我の治療はもちろん、美容面でも多くの効果があることがわかっており、エイジングケア化粧品に欠かせない成分として注目されています。

 

ITECインターナショナルのマトリックスエキスは、研究に研究を重ねて、有効成分が最も効果的に働く配合率で作られています。

 

エイジングケア化粧品をお探しの方、いつまでも若々しいお肌をキープしたい方に、ぜひ一度使っていただきたい商品です!

 

マトリックスエキス その他関連商品はこちらからご購入いただけます。

スポンサーリンク



LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

マトリックスエキス・その他関連商品のご購入はこちら↓↓

スマホ用QRコードはこちら

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

Translate »