2019年5月よりアイテックインターナショナル(株)FC加盟店として活動中。商品や加盟店制度について詳しくご紹介しています。

記事のタイトルとURLをコピー
LINEで送る

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)について調べてみると、NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質についての説明も目にします。

 

NADは私たちが身体の機能を保つのに必要な物質で、体内でNMNがNADに変換されてエネルギー代謝の源となります。

 

身体の老化現象は、加齢に伴い各臓器でNADが減少すると同時に、NADの元となるNMNを体内で生成する力も衰えていくことを指します。

 

NADはサーチュイン遺伝子を活性化させることがわかっており、NADが不足すると臓器の修復などが十分に行われず、老化に伴う体の機能低下を引き起こし、様々な症状・疾病につながるのです。

 

では、NMNではなくてNADを摂取すれば良いのでは?と思うのですが、NADを口から摂取しても胃や腸で消化されてしまい、効果がないそうです。

 

また、脳にはバリア機能があるので、NADを摂取してもそれが直接脳に届くことはありません。

 

一方でNMNは、胃腸から速やかに吸収されて全身に行き渡ります。

 

末端の毛細血管まで15分ほどで到達するそうです。

 

そのため、神経伝達回路の改善、免疫力アップ、脳の老化由来による症状への効果、不妊体質の改善、筋肉や骨の強化、ホルモンバランスの改善など、様々な抗老化作用が期待できると言われています。

 

また、大学や民間の研究機関での実験で、NMNが表皮に及ぼす影響を計った結果が発表されています。

 

NMNを角層に添加すると、細胞内のNMN量が約100倍に増加、NADも増加し、ここでもNMNがNADの代謝に関与していることがわかります。

 

表皮や皮下のNMNとNADを増加させることで、サーチュイン遺伝子を活性化させ、天然保湿因子の産生を促して皮膚の老化を防ぎ、肌本来の保湿力が高まることが期待されています。

 

野菜や果物、サプリなどから日常的にNMNを摂取すれば、体内のNAD量を効率よく増やすことができ、加齢とともに自然と低下する身体機能を補正する「予防薬」のような使い方ができるのです。

 

現在でもNMNの研究開発が世界中で行われており、今後どのような新たな発見があるのか、どんな使い方ができるようになるのか、とても楽しみです。



LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

関連記事

マトリックスエキス・その他関連商品のご購入はこちら↓↓

スマホ用QRコードはこちら

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

Translate »