アラフォー主婦の雑記ブログ。美容と健康ネタを中心に、衣食住・子育て・好きなモノなどについて綴っています。

【お試し】「わたし漢方」を飲んでみた!オンライン漢方相談の内容とは?

記事のタイトルとURLをコピー
わたし漢方のロゴとパッケージ
LINEで送る

スポンサーリンク



【PR記事】




当記事では、LINEで漢方相談できるわたし漢方 についてレビューしています。




わたし漢方は、家にいながら専門の漢方アドバイザー(薬剤師)とカウンセリングを行い、体質診断の結果から自分に合った漢方を購入できるサービスです。




LINE友達追加数は7万人超え(2022年7月現在)と、忙しい女性を中心に大人気!




テレビや雑誌などでも取り上げられています。




私は妊活中に漢方を飲んだことがあり、その時は漢方薬局に通って購入していたのですが・・・




煮出して(煎じて)飲むタイプだったのがまあ面倒で、家中が漢方薬くさくなるのも嫌でした。




他にも「値段が高い・まずい・通うのが面倒・担当の方が男性で悩みを話しにくい」といった理由で、長くは続きませんでした。




オンラインでの漢方相談は初体験。




そこで、わたし漢方 の詳しい情報や問診の内容、実際に漢方を飲んでみた感想などをまとめてみました。




わたし漢方を使ってみた




早速LINEで友達登録し、問診スタート。




まずは体の悩みで一番改善したいものを以下から一つ選びます。




  • 妊活
  • 自律神経
  • 女性の悩み(PMSや更年期など)
  • 鼻、喉、目
  • 痛み
  • 代謝(冷えやダイエット)
  • 皮膚、髪
  • 疲れ
  • 胃腸
  • その他



私は「その他」を選びました。




次に、性別・生年月日・身長・体重・過去の漢方薬服用の有無を入力し、一番辛い症状について、特徴や頻度、どんな時にその症状が出るのかを自由記述。




その後はお肌・胃腸・むくみや冷え・体の痛みとコリ・心の様子・睡眠・お通じ・月経・舌診断・アレルギーの有無・病歴・服用中の薬について聞かれるので、「はい」「いいえ」などの選択肢をタップして答えていきます。








舌診断は写真を送るか、鏡で見て質問に答えるか、舌診断しないかを選ぶ形でした(せっかくなので、私は写真を送信)。




最後に体調のことや不安なこと、漢方アドバイザーに伝えたいことを自由記述して終了。




「LINEで問診」の感想




意外と質問の数が多くて、結構時間がかかりました(20分くらい?)。




それでも、24時間好きな時にいつでも回答できますし、中断・再開も自分のタイミングでできるので、忙しい方やお子さんがいる方にとっては便利だな〜と感じました。




あとは非対面ということで、対面だと言いにくいこと・異性には伝えづらいことや、「こんなこと言って大丈夫かな?」と思うことなども気軽にメッセージできました。




「あ、あれもあった!」と後から思い出すことがあっても、その時その時にLINEで送れるのもありがたかったです。




問診終了〜体質診断




問診が終わると、オプションで「漢方薬とは?」の説明と、「周りの人に協力してもらう質問(顔色・声・性格などを見てもらう)」が送られてきます。




こちらはスキップできるので、必要なければ読まない・答えないでOK。




私は問診終了から2日後に体質診断の結果が届きました。








「気虚(ききょ)」という体質で、「気」を補充する漢方薬がオススメとのことです。




わたし漢方ではここまでが無料でできるので、LINE登録したからといって漢方薬を買わなくても大丈夫。




漢方は置いといて、自分の体質を知るためにわたし漢方を利用するのもいいかもしれません。
▶︎LINEで気軽に漢方アドバイザーに無料相談【わたし漢方】






わたし漢方を飲んでみた




わたし漢方は、最短翌日発送で早く届きます。




実際に届いた商品がこちら。




赤を基調とした可愛らしいパッケージ




まずは漢方薬。




「補中益気湯」です。








成分・分量




これで1ヶ月(30日)分。




45包入りが2袋




チャック付きの保存袋がついてきました。








自立するのがありがたい




そして、わたし漢方スタートガイド。




漢方の働きや利用プランなどが書かれていました




飲み方




わたし漢方で届いた漢方薬は、1日3回・1回につき1包を食前または食間(空腹時)に飲みます。








1包(1回分)




粉末なので、パパッと手軽に飲めます。




1包(1回分)。意外と量があります




まずは粉薬を飲むように、口に漢方薬を入れて水で流し込んでみました。




正直な感想は、飲みにくい・・・




量が多くてむせそうになる。




味も苦くてまずい。




そのまま飲むのは断念しました。




漢方を飲みやすくする方法




わたし漢方では粉末状の漢方薬をあえて採用していて、錠剤よりも吸収されやすく効果的なんだそうです。




とは言っても、飲みにくいと毎日続きません。




漢方薬や粉薬が苦手な方には、水やお湯で薄めて飲むのがオススメです。




はちみつと混ぜて甘みを足すと、もっと飲みやすくなります。




1.ハチミツで味をつける

2.大量のお水や白湯に溶かして、少しずつ飲む

3.チョコクリームやピーナツバターと混ぜて食べる

美味しく飲みたい方に!漢方を飲みやすくする3つの方法(わたし漢方)より抜粋






わたし漢方の気になるあれこれ




わたし漢方や漢方薬について気になること・疑問点などをまとめてみました。




賞味期限は?




私に届いた漢方薬は、2022年12月2日までに飲み切るようにと書かれていました。








漢方が届いたのは6月中旬で、5ヶ月以上もちます。




1ヶ月分なので、余裕で飲み切れそうです。




値段は?




わたし漢方で漢方薬を購入する場合、サブスク(月々定額制・定期購入)となるので注意が必要です。




初回は「トライアル 7,700円(税込)(漢方は2週間分)」で、その後は「安心くりこしプラン 13,200円(税込)」に自動で切り替わります。




わたし漢方 スタートガイドより引用




解約する場合は、更新日の5営業日前までにLINEで連絡して手続きすればOK。




漢方薬局で買うと2〜3万、ものによってはそれ以上の価格になることもあるので、1万円台はお安い!




しかも相談料や送料込みのお値段。




非対面でLINE相談に特化し、月払い定額制にすることで運営コストを下げているそうです。




漢方の種類は変更できる?




わたし漢方ではその時その時の悩みに応じてベストな漢方を提案してくれます。




例えば、季節の悩み(花粉症・夏バテ・冷えなど)があれば漢方の内容をカスタマイズ・変更できるので、些細なことでもLINEで相談するのがオススメです。




もちろん追加料金はかかりません。




副作用は?




手軽に買える漢方薬ですが、薬とあって「使用上の注意(説明書)」は必読。








補中益気湯の場合は発疹やかゆみなどの副作用が出る可能性があり、まれに重篤な症状が起こることもあると書かれています。




その他、妊娠中の方や通院中の方、他の薬を飲んでいる方は、わたし漢方の問診で必ず伝えるか、主治医に相談するなど注意が必要です。




わたし漢方はこんな人にオススメ




✅忙しくて漢方薬局に行く時間がない方
✅対面でのカウンセリングは気が向かない方
✅簡単、手軽にインナーケア・体質改善したい方
✅初めて漢方薬にチャレンジする方
✅「値段が高いから」と漢方を飲むのをやめてしまった方




以上、わたし漢方についてお伝えしました。




気になる方はぜひチェックしてみてください!
▶︎LINEで気軽に漢方アドバイザーに無料相談【わたし漢方】



スポンサーリンク

LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

関連記事

記事検索はこちら

お買い物

アーカイブ

Translate »