補酵素として働く「MAP酵素」のチカラ

記事のタイトルとURLをコピー
LINEで送る

生活習慣によって体調を崩す原因の一つに「酵素不足」が挙げられます。

 

現代の食生活では十分な酵素を摂ることが難しくなっています。

 

酵素は食物を消化・分解するだけでなく、呼吸や運動、そして身体の防御力や自然に健康になる力までにも関与する、重要な役割を持っています。

 

生命活動において、酵素がなければ私たちは生きていけないのです。

 

体内で作られる酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」があります。

 

消化酵素は食物を消化し、必要な栄養素を取り込むために必要な酵素です。

 

代謝酵素は取り込んだ栄養素を元に身体の組織をつくり、呼吸や運動にも欠かせない酵素です。

 

酵素の体内生産量には限りがあります。

 

人が生きている間に体内でつくることのできる酵素を「潜在酵素」と言います。

 

消化酵素と代謝酵素は同じ潜在酵素からつくられています。

 

したがって、消化酵素はなるべく食物から摂るようにし、体内でつくられる潜在酵素をできるだけ代謝酵素として働くようにする方が、長く元気でいられると言われています。

 

食物にはすべて消化酵素が含まれていますが、酵素は熱に弱く約40〜70度で失われてしまいます。

 

そのため、食事は加熱調理だけでなく、生野菜や発酵食品、果物など酵素量の多い食物を摂ることが大切なのです。

 

酵素にはたくさん種類がありますが、それ自体で働くことができる酵素と、それ自体では働きが不十分で、他の成分に助けてもらうことが必要な酵素と2つのタイプがあります。

 

後者のような酵素の働きを助ける成分のことを「補酵素」といい、ビタミンやミネラル、コエンザイムQ10などが挙げられます。

 

酵素と一緒に補酵素を摂取することで、酵素の働きがより活発になるのです。

 

そして現在、補酵素として働く「MAP酵素」が注目されています。

 

MAP酵素は発酵菌の一種で、身体に必要なアミノ酸が連結して形成され、身体のホルモンバランスを整える働きがあると言われています。

 

女性は歳を重ねると、身体の不調を感じることが多くなってきます。

 

その原因は加齢とともにホルモンバランスが崩れることが関係しており、ホルモンの働きが身体や心の動きに影響を与えるのではないかと考えられています。

 

女性ホルモンはより女性らしくさせ、気分を安定させるなどの重要な役割を担っています。

 

MAP酵素は生理機能活性物質として、身体のリズムを整えてくれるのです。

 

また、記憶力を高めることも分かっており、ぜひとも酵素と一緒に摂取できると良いと思います。



LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

関連記事

マトリックスエキス・その他関連商品のご購入はこちら↓↓

スマホ用QRコードはこちら

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30