アラフォー主婦の、美容と健康(ときどき子育て)ブログ。

アフィリエイトに挑戦!確定申告はどうする?

記事のタイトルとURLをコピー
LINEで送る

スポンサーリンク

副業やアフィリエイトを始めるにあたり、多くの人が気になる税金関係の手続き。

 

私も少しずつ情報収集しています。

 

個人事業主になるの?開業届は必要?確定申告はいくらから?など、基礎の基礎から・・・

 

この手の話は知識がないのと苦手分野なのとで避けてきましたが、今後のことを考えて、やっと重い腰を上げて勉強を始めました。

 

せっかくですので、これからブログで少しずつシェアしていこうと思います。

 

●【税理士が教える】確定申告のキソ いくら稼いだら申告が必要?38万円?20万円? サラリーマンの副業と知らないと損する税金の話

収入≒売上

 

利益≒所得→売上から経費などを引いたもの

 

確定申告=自分がどのくらい稼いだのか・儲かったのかを計算して利益を確定し、「これだけ税金を払いますよ〜」と税務署に伝えること。

 

年末調整=確定申告の簡易版(税務署の代わりに会社が計算して納税額が決まる)

 

利益がマイナスまたは0であれば、確定申告の必要なし

 

利益が所得控除の合計額より少なければ、確定申告の必要なし

 

そもそも「控除」とは、経費のようなもの(=みなし経費)で収入から差し引くことができるもの。つまり、課税の対象にならないお金。

→所得控除とは、社会保険控除・生命保険控除・扶養控除・基礎控除などの合計

 

★巷でよく聞く「利益が年間38万円・年間20万円以下なら確定申告不要」の意味★

「38万円」= 基礎控除の額。基礎控除は、すべての人に適用される。※2020年から「48万円」に変更。

利益が48万円であれば、誰でも引ける基礎控除48万円を引くと課税の対象となる所得が0になる=確定申告不要。

ただし、これは他に収入がない人(主婦や学生など)のみが対象のルールで、サラリーマンは適用外(会社のお給料ですでに基礎控除されているため)。

サラリーマンやパート(1つの会社で年末調整だけで納税が完了している人)の方には「副業の利益が年間20万円以下なら確定申告不要」のルールが適用される。


●確定申告ってそもそも何なの?今さら聞けない疑問を税理士が解説!

確定申告とは、所得税の確定申告のことで、給与以外の収入がある人が自分で税金を計算して申告する作業。これをやれば住民税は自動で決まる。

 

●副業の稼ぎが20万円以下だったら、本当に確定申告はしなくていいのか?サラリーマンや主婦の副業と税金のお話【税理士が解説】

副業利益が20万円以下なら所得税の確定申告は不要である(税務署と納税者の手間を省くため)。

 

ただし、他の理由(住宅ローン、株の取引、当たり馬券など)で確定申告するなら副業利益1円でも記載が必要。

 

「住民税の確定申告」は必要。

 

住民税に「副業利益20万円以下なら確定申告不要」という決まりはなく、免税制度もないので、居住地の自治体に別途知らせる必要がある。

 

【まとめ】

専業主婦YUKAの場合:毎年1月1日〜12月31日までに得たアフィリエイト報酬から、経費(ブログのサーバー代?家賃?)を引いた額(=利益)が48万円より多ければ、確定申告をしなくてはいけない。(在宅だとどこまで「経費」になるのか、また調べてみたいと思います。)

利益が48万円以下でも、住民税の確定申告はしなくてはいけない。

 

ちなみに私の場合、今のところ開業届は出していませんし、確定申告もしていません。

 

もっと稼げるようになって、必要になったら考えようと思っています。

今さら聞けない「扶養」の話

スポンサーリンク



LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

Translate »