アラフォー主婦の、美容と健康(ときどき子育て)ブログ。

アフィリエイトと確定申告 家賃を経費で落とせるの!?

記事のタイトルとURLをコピー
LINEで送る

スポンサーリンク

前回の記事はこちら↓

今さら聞けない「扶養」の話

現在、私は在宅で、パソコン・スマホを使ってブログアフィリエイトをしています。

 

以前も同じような感じで副業をしていたことがあり、その時に知人から「在宅ワーカーが確定申告をする場合、家賃や電気代を経費で落とせる」と聞き、それを知らなかったのでとても驚いた記憶があります。

 

副業で、または個人事業主として確定申告をする場合、いかに「経費」を捻出するかが節税につながるそうです。

 

知れば得、そして知らないと損をしてしまう「経費」について調べてみました。

 

●【確定申告と経費】みんな知りたい!何がどこまで経費に落ちるのか!?経費の線引きを税理士が解説!【確定申告シリーズ④】

★経費の考え方

「仕事と関係あるものが経費」だが、実際は人それぞれ答えが違ってくる。

仕事のやり方・考え方・置かれた立場を総合的にみて、「このあたりまでが経費」と判断する(明確な答えはなく、税理士も迷う部分である)。

ネット上に「○○は経費」「△△は経費ではない」「税務調査で勝った・負けた」といった情報があるが、それは書いた人の状況においての体験談に過ぎず、すべての人に、同じように当てはまるわけではない。

 

★どこまでが経費か?の答え合わせは「税務調査」

確定申告書の提出時に詳細な数字のチェック・内容のチェックがあるのではなく、「税務調査」でそのチェックが行われる。

税務調査は、税務調査官と納税者の話し合い。

どこからどこまでが経費なのか、お互いの意見を交換する。

税務調査官は税務のプロだが、納税者の仕事・業界のプロではない。

仕事と経費の関係性を自分の言葉で、自信をもってはっきり説明できることが重要。

 

●自宅家賃は何%が経費で落とせる?家事按分の考え方を税理士が解説!【確定申告】

★経費の3分類

①経費:100%仕事に関係する支出=経費で落とせる

②家事費:100%プライベートの支出=経費で落とせない

③家事関連費:経費と家事費(仕事とプライベート)が混ざった支出=経費で落とせる

<例>家賃、水道光熱費、通信費、駐車場代、車両代、衣装代、美容代、家電代など


★法律には「事業上必要である部分を明らかに区分することができる場合には、当該必要である部分に相当する金額を必要経費に算入・・・」と書かれている。

→仕事で必要な部分が明らかに区分できるのなら、そこは経費で落としてもOK。

ただ、「明らかに区分」するのは実務上難しいので、根拠をもって自分の言葉できちんと説明できればOK。

 

★例:家賃を経費で落とす場合

使用している面積、または使用している時間を根拠に説明していくのが一般的。

通常は30〜40%、50%が限界と考える人が多い。

ただ、その人の環境や仕事の仕方で左右されるので、50%以上でも妥当になる(むしろ50%以上でなければおかしい)ケースも当然ある。

 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 

私がもしアフィリエイターとして確定申告をする場合、どのような支出が経費で落とせそうか、思いついたものをざっくり挙げてみました。

 

①家賃、水道光熱費

ブログを書いた日数、ブログを書くのにかかる時間(平均)などから算出できそうです。

②通信費

プロバイダ代、レンタルサーバー代、ドメイン代、スマホ代(本体+通信料)など

③研修費、取材費

セミナーや勉強会への参加、コンサル代、情報商材代、記事を書くためだけに買った物品代など

④新聞図書費

ブログ記事作成の資料として購入した本や雑誌の代金

⑤消耗品費

パソコン関連機器、文房具類など

⑥広告宣伝費

広告作成ソフト使用料、テンプレート素材使用料など

⑦接待交際費

カフェなどでブログを書いた時の飲食費

⑧支払い手数料

ASPの振込手数料、アフィリエイト関係の物品購入でかかる振込手数料など

 

意外と?ある印象です。

 

やはり家賃を経費にできるのは大きいですね。

 

いずれにせよ、根拠(領収書や控え、データなど)と自信をもって説明できることを意識して、いずれ来る!?(いや、来てほしい!)確定申告に備えたいと思います。

アフィリエイトに挑戦!確定申告はどうする?

スポンサーリンク



LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

Translate »