アラフォー主婦の、美容と健康(ときどき子育て)ブログ。

マリーゴールドのキッチン用ゴム手袋と、手荒れ対策

記事のタイトルとURLをコピー
LINEで送る

スポンサーリンク

手荒れ防止に、以前はマリーゴールドの敏感肌用ゴム手袋を使っていました。

マリーゴールドの敏感肌用ゴム手袋

ただ、ゴム手袋をつけると中が蒸れるので、こまめに洗わないとカビが生えてしまうのです。

 

最初はそれを知らずに洗わないまま1か月近く使っていたら、変なニオイが・・・

 

慌てて手袋を裏返してみると、黒っぽく変色していたのですぐに捨てました。

 

それからは使い捨てのゴム手袋を使っていたのですが、コロナの影響で品薄&お値段がとんでもなく高くなってしまい、普通のゴム手袋に戻すことに。

 

マリーゴールドのキッチン用ゴム手袋を買いました。

敏感肌用ではないので、ゴムによる炎症防止と手汗対策のために、綿100%のインナーグローブも買いました。

マリーゴールドのキッチン用ゴム手袋は敏感肌用と比べて厚みがあって、しっかりとした感じです。

 

さすが「キッチン用」となっているだけのことはあります。

 

敏感肌用は割とすぐに穴が空いたり、裂けてしまったりしたので、やはりキッチン用の方が持ちは良いです。

こちらはMサイズで、ゴム手袋だけでつけるとかなりゆったりしています。

 

インナー手袋の上にはめるといい感じでフィットして、着脱もしやすいです。

 

インナー手袋とゴム手袋を重ねたまま外したり、つけたりできます。

 

長さは腕の半分より少し短いくらいです。

食器洗いをしても滑りにくくて使いやすいですし、黄色とオレンジの明るいカラーも気に入っています。


ところが、しっかりゴム手袋をして家事をしているのに、手が荒れてしまうことがあり・・・

 

一度荒れてしまうと、皮膚科でもらった薬を塗ってもなかなか治らないのです。

 

そんな時に見つけた、かずのすけ先生の記事。

▶︎冬場の手荒れケア&対策に!かずのすけNo.1オススメアイテム

 

ざっと要約すると

●水や洗剤に触れる機会が多ければ多いほど、手の皮脂(=油分、バリアの役割)を奪ってしまい、乾燥して手が荒れてしまう。

●「お皿一枚の洗い物」でも手袋をして、とにかく水や洗剤に触れないようにする。●アルコール消毒にも要注意(皮膚刺激が強く、脱脂作用あり)。

●手荒れを治すには、その原因をなくさなければダメ。

とのこと。

 

コロナ禍で手を洗う回数が増え、公共の場所には必ず手指の消毒用スプレーが常備されている今。

 

だから私の手荒れは治らなかったのか!と思ったのでした。

 

そこで私がやり始めたのがコレ↓

●水に触れる作業の時は、必ず手袋をはめる。(調理にも使える使い捨てのビニール手袋を買いました。)

●手を洗ったら必ず保湿することを徹底。

●外出時にはインナー手袋用に買った綿の手袋をはめるか、自作のアロマ除菌スプレーを使う。

 

これだけで、薬を塗ってもなかなか治らなかった手荒れが、たった2〜3日でびっくりするほどキレイになりました!

 

「手荒れの原因を取り除く」のが本当に大切なんだと実感。

 

ここ3か月は手荒れ知らずのお肌をキープできています。

 

あかぎれもひび割れもゼロです。

↑手を洗ってオイルを塗った直後に撮影したので、少しテカテカしています。

 

去年の今頃は手荒れがひどく、指先はボロボロで、iPhoneの指紋認証ができませんでした。

 

今年は指をそっとホームボタンに当てるだけで、一発でロック解除できます。

 

ちなみに、私はハンドクリームは使っておらず、マカダミアナッツオイルを塗っています。

上の写真だとベタベタしていそうに見えるかもしれませんが、さらっとしていてすぐに手になじむので、不快感はありません。

 

余計な成分が入っておらず、子供の肌に触れても大丈夫なので安心して使っています。

 

なぜマカダミアナッツオイルが良いのか、詳しくはこちらをお読みください。

ガサガサかかとのお手入れ

スポンサーリンク



LINEで送る

記事のタイトルとURLをコピー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Translate »